太陽発電による自家発電
  • SEOブログパーツ


専門看護師・認定看護師


さて、「専門看護師」と「認定看護師」の違いとは、

【専門看護師】

専門看護師認定審査を受験する者は、次の1〜3のすべての資格を満足する者であること。
1. 日本国の保健師、助産師、看護師のいずれかの免許を有すること
2. 所定の教育を修了していること
(1) 看護系大学大学院修士課程修了者で特定の専門看護分野の所定の単位 を取得した者。
なお、看護系大学大学院修士課程修了者で特定の専門看護分野の所定の単位 に満たない者は、必要単位をさらに取得するものとする。
(2) 看護学以外の関連領域の大学院等を修了した者で、看護系大学大学院修士課程において必要単位 をさらに取得した者。
(3) 外国において(1)〜(2)と同等以上の教育を受けたと認められた者。
3. 専門看護師としての必要な実務経験があること 保健師、助産師、看護師の資格取得後、実務経験が通 算5年以上であること。そのうち、通算3年以上特定分野の経験があり、その特定分野の経験のうち、1年以上は専門看護師に必要な所定の教育修了後の実務経験を含まなければならない。


【認定看護師】

1. 日本国の保健師、助産師、看護師のいずれかの免許を有すること。
2. 認定看護師として必要な実務経験があること。
保健師、助産師、看護師の資格取得後、実務経験が通算5年以上であること。
そのうち通算3年以上は特定の看護分野の経験を有すること。
3. 日本看護協会が認定した認定看護師教育課程を修了していること。
または、外国において上記と同等と認められる教育を修了していること。

(日本看護協会「資格認定制度について」より引用)


看護師になるには、

看護師は看護高等学校(看護科、専攻科の5年間)、看護専門学校、看護短大、
大学(看護学部・医学部保健学科など)で養成教育が行なわれ、
卒業すると看護師国家試験の受験資格が得られる。

実際には卒業見込みの段階で国家試験を受験できるが、最終的にその年度で卒業できなければ、試験で合格点以上を獲得しても不合格扱いになる。

国家試験に合格すると、申請により厚生労働大臣から看護師免許が交付され、看護師としての活動が可能になる。
准看護師に対して俗に正看護師(略して正看)と呼ばれることもある。





×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。