太陽発電による自家発電
  • SEOブログパーツ


精神保健福祉士


精神保健福祉士(せいしんほけんふくしし、英: Psychiatric Social Worker)は社会福祉士、介護福祉士と並ぶ福祉の国家資格(通称:三福祉士)のひとつである。

社会福祉士は医療・高齢者・児童(母子)・身体障害者・精神障害者・行政・司法の福祉全分野を担うジュネリックソーシャルワーカーであるのに対して、精神保健福祉士は精神障害者の保健及び福祉分野に特化したスペシフィックソーシャルワーカーである。

国家試験は学歴によっては一度に社会福祉士と精神保健福祉士の双方を受験することも可能である。

精神保健福祉士の単一資格者は後に社会福祉士の資格を取得を目指す者も多い。また 社会福祉士の単一資格者も後に精神保健福祉士の資格をオプションとして取得を目指す者も多い。


取得方法

精神保健福祉士となるには、保健福祉系の大学または養成校において履修・卒業し、
年1度に行われる精神保健福祉士国家試験に合格した後、登録資格要件を有する者が、

財団法人社会福祉振興・試験センターに精神保健福祉士として、氏名、生年月日、登録番号、登録年月日、本籍地都道府県名(日本国籍を有しない者は、その国籍)及び合格年月の登録を受けなければならない。

ただし、法令により定められた欠格事由(成年被後見人又は被保佐人、禁錮以上の刑に処せられているなど)に該当する者は、登録を受けられない。

したがって、それぞれの登録資格要件を有している者が、試験センターに登録の申請をし、登録簿に登録されることによって、精神保健福祉士としての名称を使用できることになる。





×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。