太陽発電による自家発電
  • SEOブログパーツ


専門看護師・認定看護師


さて、「専門看護師」と「認定看護師」の違いとは、

【専門看護師】

専門看護師認定審査を受験する者は、次の1〜3のすべての資格を満足する者であること。
1. 日本国の保健師、助産師、看護師のいずれかの免許を有すること
2. 所定の教育を修了していること
(1) 看護系大学大学院修士課程修了者で特定の専門看護分野の所定の単位 を取得した者。
なお、看護系大学大学院修士課程修了者で特定の専門看護分野の所定の単位 に満たない者は、必要単位をさらに取得するものとする。
(2) 看護学以外の関連領域の大学院等を修了した者で、看護系大学大学院修士課程において必要単位 をさらに取得した者。
(3) 外国において(1)〜(2)と同等以上の教育を受けたと認められた者。
3. 専門看護師としての必要な実務経験があること 保健師、助産師、看護師の資格取得後、実務経験が通 算5年以上であること。そのうち、通算3年以上特定分野の経験があり、その特定分野の経験のうち、1年以上は専門看護師に必要な所定の教育修了後の実務経験を含まなければならない。


【認定看護師】

1. 日本国の保健師、助産師、看護師のいずれかの免許を有すること。
2. 認定看護師として必要な実務経験があること。
保健師、助産師、看護師の資格取得後、実務経験が通算5年以上であること。
そのうち通算3年以上は特定の看護分野の経験を有すること。
3. 日本看護協会が認定した認定看護師教育課程を修了していること。
または、外国において上記と同等と認められる教育を修了していること。

(日本看護協会「資格認定制度について」より引用)


看護師になるには、

看護師は看護高等学校(看護科、専攻科の5年間)、看護専門学校、看護短大、
大学(看護学部・医学部保健学科など)で養成教育が行なわれ、
卒業すると看護師国家試験の受験資格が得られる。

実際には卒業見込みの段階で国家試験を受験できるが、最終的にその年度で卒業できなければ、試験で合格点以上を獲得しても不合格扱いになる。

国家試験に合格すると、申請により厚生労働大臣から看護師免許が交付され、看護師としての活動が可能になる。
准看護師に対して俗に正看護師(略して正看)と呼ばれることもある。




医療事務


医療事務

病院診療所など医療の現場で、受付窓口や患者のカルテ管理、健康保険点数の算出、
医療保険の支払い機関に提出する診療報酬明細書(レセプト)の作成などを行うために
必要な書類作成技術や、計算能力を有していることを認定する資格です。

医療事務には民間の団体が認定する資格がたくさんあります。資格の名称や取得できる技能は各団体ごとに異なるので講座受講前にきちんと確認することをお勧めします。

活躍の場 は

医科や歯科などの医院や診療所、保険薬局などが主な職場です。

事務全般や、診療助手なども任せられ、収入も安定している常勤以外にも、
非常勤(パートやアルバイト)の求人も多く、資格取得後の働く形態も豊富です。

こんな人に向いています

患者さんと接する仕事ですから、明るく、思いやりのある人が求められます。

資格取得後、医療事務として勤務する場合、フルタイムからパートタイムなど、
ライフスタイルにあわせて働けるので、結婚後や、出産後の転職としても女性に人気があります。





精神保健福祉士


精神保健福祉士(せいしんほけんふくしし、英: Psychiatric Social Worker)は社会福祉士、介護福祉士と並ぶ福祉の国家資格(通称:三福祉士)のひとつである。

社会福祉士は医療・高齢者・児童(母子)・身体障害者・精神障害者・行政・司法の福祉全分野を担うジュネリックソーシャルワーカーであるのに対して、精神保健福祉士は精神障害者の保健及び福祉分野に特化したスペシフィックソーシャルワーカーである。

国家試験は学歴によっては一度に社会福祉士と精神保健福祉士の双方を受験することも可能である。

精神保健福祉士の単一資格者は後に社会福祉士の資格を取得を目指す者も多い。また 社会福祉士の単一資格者も後に精神保健福祉士の資格をオプションとして取得を目指す者も多い。


取得方法

精神保健福祉士となるには、保健福祉系の大学または養成校において履修・卒業し、
年1度に行われる精神保健福祉士国家試験に合格した後、登録資格要件を有する者が、

財団法人社会福祉振興・試験センターに精神保健福祉士として、氏名、生年月日、登録番号、登録年月日、本籍地都道府県名(日本国籍を有しない者は、その国籍)及び合格年月の登録を受けなければならない。

ただし、法令により定められた欠格事由(成年被後見人又は被保佐人、禁錮以上の刑に処せられているなど)に該当する者は、登録を受けられない。

したがって、それぞれの登録資格要件を有している者が、試験センターに登録の申請をし、登録簿に登録されることによって、精神保健福祉士としての名称を使用できることになる。



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。